カテゴリー別アーカイブ: バス

久しぶりにバス

まずは、先日終わったシーバスフォトダービー、結局8位でした。ま、あのサイズなら仕方がないですね。でもでも、スタッフ賞をいただいちゃいました。期間中にスタッフさんが釣った魚のサイズに一番近い人がもらえるもの。で、賞品はがまかつのシーバスロッド。8.3フィート。リールがないのが問題だけど嬉しい!楽しませてもらって、しかもナイスな賞品が来るとは。

CA3I0030
CA3I0030

で、その竿が使いたくて仕方がないので、休みでもあり、出撃。最近通っている水中堤防の川。ある程度遠投できないとダメなので、格好の試験場。ルアーは久しぶりに新品で購入したヤマトJrスペックⅡ。 

投げてみると思っていたより硬めで、乗せるのに少し工夫がいる。いい感じに乗ればものすごい飛距離になるので、使い込んでモノにしたい感じ。
でも、ここでは反応なく、妙に暖かくなったので、「久しぶりにバスやってみよ」と思い立ち、こういう場合はあそこだと、高知市内の某水路へ。着いてみると、水路には浮草が浮いてる。まだまだ秋。で、ここはバジンでしょう!とバジンクランクHHを結んで歩いていく。とりあえず浮草の濃いところは残しておいて、別の場所を歩き打ち。しかし水路の端まで行って、2度ほど軽~く当たりっぽいのがあったものの釣れず、排水場では排水してる音が。水門まで行ってみると、放水してる。これはこっちやらなきゃと、急いで水路の上を急ぎ足で戻り、先ほど残しておいた浮草ビッシリの部分だけをやってみる。投げて確認すると、浮草の厚みは薄く、その下を泳がせることができる。夏にこの状況なら爆釣ダゼと期待を込めてやってみる。数投目、水路の真ん中あたりでガッと止められ引きが来た。これは貴重なので、バラさないように慎重に寄せキャッチ。ちっちゃいけどバジンに来たバス、うれしい!!

161219_1142
161219_1142

なおも続けて打っていく。やや遠投し、引いてくると、またガッと止められ、さっきよりいいサイズ。結局2本釣れちゃった。

161219_1150
161219_1150

車で少し移動し、放水口に入る。まずはヤマトJrを引いてみるが反応なく、スラッシュペッパーに替える。これにも反応なく、もう一度ヤマトJrに戻し、やや遠投で狙う。葦の岬を超え、ワンドっぽいところに来たらバシャ!しかし乗らない。流れは逆流なので、そのまま置いておくとその場でステイする。またアクションを入れると、バシャ!でも乗らない。その後何度も出ても乗らないを繰り返し、ストップ&ゴーを繰り返すと、ついに乗った!しかし引きは弱く、すぐ寄ってくる。で、キャッチ。まずまずサイズのチヌ。このサイズにしては引かなすぎ。これは竿の威力なのか?ま、いいや。その後反応はなくなり終了。

161219_1207
161219_1207

十市リベンジが返り討ちに

中筋の次の日、平日なので通勤ラッシュを避け、やや遅めのスタートin十市。
10:00船を出す。風はほとんどなく、暖かい感じ。「今日はイケるかも」と期待を込めて東のブレイク。ルアーは前回のノーネイムフラット
東何も無し。北の谷何も無し。西のテラス何も無し。南のブレイク何も無し。で、1周何もないまま終了。
2周目、ルアーをブリッツMRにかえ、また打っていくが何もないまま終了。
3周目、今度はシャローにミナモトゴローで行くが何も無し。
3周目を終える頃より南風が吹いてきたので、ディープに入り、シンクロドライブクローラーをワッキー掛けにし、風に乗せてドラッギング。南のブレイク近辺から北の谷の手前まで流すと、時折ギルのようなアタリがあるモノの、乗らず、次は、スロープの沖、やや岸寄りから北の谷に向けて流す。流し初めてすぐ、ゴツッというアタリがあり、合わせると、グッと重い。一瞬根掛かりかもと思ったが、首を振る感覚が来た!やったやった!!
しかしバラしたら立ち直れないので、慎重に、そしてエレキでこちらから近づく。キャッチ。
測ると、45センチ。なかなかナイスサイズ。

161107_1222
161107_1222

もう一度同じコースを流すと、コン!と来て続かず、またコン!聞くように合わせると、いきなり猛ダッシュ。タックルはチヌ用なのでしのげたが、寄せてくると、ラー様。サイズはそうでもないが、ま、いいか。

161107_1257
161107_1257

しかしこのあとパタリと止まり、クランキンに戻すも反応なく、終了。

2本ですか・・・リベンジのはずが返り討ちにあってしまった!!
これにてとりあえずバス釣りは終了。

中筋プチ遠征

前回の十市がイマイチ不調だったので、プチ遠征を計画。
まず候補にあがったのが、まだ行ったことのない金砂湖。しかしネットで調べていくと、入漁料が要るとか要らないとか。漁協は入漁料を取るようにしたらしいが、バスを魚種認定したわけではなく、今の法律ではそこらも難しいらしい。認めてない魚を釣るのに入漁料を払わされ、そのお金がバス釣りの環境整備に使われるならまだしも、アユやアメゴの放流に使われ、バスは敵視され続けるなら払うのも馬鹿馬鹿しいといった風潮がネットにはあった。また、スロープは公園で、7時にならないと開かない、ローカルルールでスロー区間とかが定められている等、メンドそうなのでやめに。野村ダムも少し面倒なのでやめに。
結局、様子のわかる中筋川に決定。中筋ならクランクでアブレはないだろうとの楽観的予測もあり。
08:00中筋のスロープに到着。日曜とあって、すでに1艇出ている模様。愛媛ナンバー。08:30に我々2艇でスロープを出発。私艇は上流を目指し、もう1艇は下流を目指す。
まずはスロー上流すぐのテトラ。調子が良ければサーフェスクランクで何本か期待できる所。しかし今日は反応無し。そのまま上に上がって、もう一つのテトラ。ここも反応無し。そのまま上がって、水門、周辺も無し。ボトルネック手前で、同船者のクランクにヒットするもバラし。
その後、ボトルネックのテトラでやっと本日の1本目。
小さいながらミナモトゴローミナモトゴローで釣れたので嬉しい。

161106_0915
161106_0915

 

そのまま打って上がり、もう一度出たモノの乗らず、そのままいける所まで上る。
折り返して、先ほど出たテトラ。チビアダーチビアダーの付いたスピニングタックル。テトラ越しに入ってしまったが、アタリ。スイープに合わせると乗った。これも小さいながら、渋い中嬉しい。

161106_0930
161106_0930

ボトルネックの開けた辺りで、川の真ん中をクランキングしていた同船者にヒット。これでボウズ無し。
そのまま下るが、行けば行くほど水が悪くなっていく感じ。テトラ体もこぼれテトラを狙って、ノーネイムフラットでやってみるもアタリ無し。テトラの終わりで同船者のクランクにヒット。同船者のクランクはレイドレイドレベルクランクレベルクランク。やや潜るタイプ。
今日の潮は昼が満潮で、今は込み。川の込みは良くないかと、流れが効いてくるのに期待。そういえば、ボトルネック辺りには流れがあった。

スロープ下流の流れ込み。夏の場所の感もあるが、流れがあるので一応やってみる。
しかし反応無し。そのままテトラを打っていくがオカッパリが来たので遠慮する。対岸のテトラも反応なく、岩盤へ。一番期待の持てる所だが反応無し。どうなってんだぁ?!

その下流のテトラ。ここではノーネイムフラットに小さいのが来た。3本目。

対岸の旧スロープから石積み反応なく、クランキンストレッチも何も無し。ここで、崖崩れあと発見。しかしここも何もなく、愛媛の人とすれ違う。「釣れましたか?」「いえ全然。そちらは?」「2人で4本」「ジグかなんかですか?」「いえクランクで」みたいな会話。下流も釣れないんだ。

次のテトラ帯をも反応なく、高速の下をくぐった頃、別艇が目に入った。2人で2本とバラシらしい。釣れないんだ。と思っていたら同船者がいきなりヒット。これもちっちゃいけど。

フジの前のテトラを流していき、クランクの後ろでモワン!すかさずドライブクローラードライブクローラーのフォローを入れるとヒット。

161106_1116
161106_1116

そのまま流していき、流れ込みを過ぎた頃にヒット。今日一かも。これで5本。

161106_1150
161106_1150

 

しかしその先はオカッパリが居るので、ここで引き返すことに。帰りは行けども行けども反応なく、岩盤は2度往復してもダメ。岩盤終わりの急流を越えた辺りでやけくそ気味にバズの02ビート02ビートを投げる。すると、いきなり出た!!しかし乗らず、同船者のワームのフォローにも反応なく終わり。

しかし、ここに来て水はかなり良い感じだし、流れもそれなりに出ている。そのまま、スロープ下のテトラを打っていくと、小さいながら2本。

161106_1348
161106_1348

やっと調子が出てきたが、バッテリーがギリギリ。

流れ込みを過ぎると、急に水が悪くなり、同行艇もスロープで帰りの準備をしているので、今日は終わりにすることに。

優勝!!

香川県府中湖の滝宮で行われた、”第27回 53PickUp ! ~春うらら~ in府中湖2016”に参加してきました。
これはゴミ拾いのイベントですが、釣り人のやること、ゴミ拾いの前にはプチ釣り大会もあります。
4時半に高知を出て、高速で香川入りし、滝宮近くの早朝うどん屋で、朝食。ウチのクラブには「香川県での食事はすべてうどんにすべし!」という掟がいつの頃からかあり、精力的に美味しいうどん屋を開拓してきた歴史があります。そして香川には朝うどんの習慣もあり、早朝から開いているうどん屋もあります。06:30頃うどん屋に着いたものの、すでにお客さんが多数入っている。しかも次々とあとから人が入ってくる。香川のうどんパワー恐るべしです。
美味しいうどんで腹を満たしたら、いよいよ会場に乗り込みます。会場にもすでに多くの車が来ており、我々も早速受付を済ませ、釣り大会に突入したのでした。
ルールは、7時から9時まで、その間にルアーで釣ったバス1匹の長さで競います。釣れたら本部までバスを持って行き、計測してもらう。道路上を持ち運んでは法律違反になるので、自ずからエリアは絞られます。
これまでの傾向を見ると、大会時間中にあまり魚は釣れない。なのでとにかく1匹を釣ることが結果に繋がる。したがって、まずは手堅くライトリグ。スピニングにジグヘッド。ルアーはドライブスティックの3.5インチ。受付の下から過去に実績にあったところを打っていくモノのアタリはなく、人も多いので思うように釣りができない。水位はいつもより低く、公園の前もわかるくらいに流れている。
アタリもないまま進んでいき、橋の奥に行くと、偶然ナイススポットが空いていた。ココは以前にも55をはじめ良いサイズをいくつか釣っている。最先端に出て、しばらく様子を見ると、鯉の群れがいる。もっとよく見ると、鯉に混ざってバスも見える。サイズも良い。そのバスの目前にルアーを入れても、反応なし。またしばらく見ていると、岸沿いのカバーにス~~ッと入った。すかさずそこに入れると、ガン無視。もう1投、今度は逃げた!!「あ~~~チャンスだったのに~~」そして魚は濁りの中に消えていった。
チャンスを逃したとやや落ち込みながら数投して、ふと見ると、先ほどのカバーの数メートル先の、草に流れ物が絡んだスポットに、それっぽい魚影が。「もしかして?!」と思って、ポイッと投げると、イイ感じの所に着水、とほぼ同時にラインがス~~~~。ラインを張るように合わせると一瞬強い引きが!!しかもラインは草に絡んでいる。しかしラインはPEの1.5号、リーダーも4号と、十市カバー仕様。昨晩さんざん0.6号にしようかと悩んだ末にそのまま使うことにしたもの。ラインの強さにはアドバンテージがあるので、強引に寄せると、割とすんなり寄ってくる。近くで見ると、頭はデカイが、体の細い野池プロポーション。ネットもあるので、余裕で掬うと、思ったより長さはある。「もしかしてこれで優勝?」と意気揚々と本部に向かう。途中すれ違う人が居ると誇らしい気分。本部に持ち込み、計測。軽く50は超えてる。大会なので、口閉じ尾開きで計ると・・・53センチ。久しぶりの50アップ。大会で釣れたのは嬉しい。

160605_0742
160605_0742

その後はさらなるサイズアップをもくろみ、スピニングタックルは捨てて、ベイトタックル1本でやってみるものの、1本釣った満足感もあり、イマイチ集中もできずタイムアップ。
結果発表。やっぱり優勝。ってか他には釣果無し。それなら20cmでも優勝でした。優勝賞品は、机に並べられているものの中から好きなのを1つ。皆はビールを勧めるも、それはいらないので、TDのタックルケースをゲット。

160605_0942
160605_0942
160605_1011
160605_1011

先週の大会なら竿だったのにとは思わないことにして、その後はゴミ拾い、ビンゴ大会、うどんを食べてイベント終了。

160605_0924
160605_0924

イベント後はまずは坂出のタイガー釣り具に寄ってタックルを補充し、野池巡りに。イベント事務局に教えてもらった長柄ダムへ。ダムに着いてみると満水でなかなか足場がなく、岸沿いにバスも浮いておらず早々に撤退。一気に移動して、朝うどん店上の池へ。先行者が2人もいたものの、超子バスの活性は高く、一時入れ食いに。10数本釣って終了。ルアーは引き続きドライブスティックの3.5インチ。
次はレオマワールド下の3連池。皆ちょこちょこと釣れて末池に移動。
末池は水色悪く、赤藻も浮いていてあまりよくない。唯一奥のハス帯でドライブシャッドのトップ引きに出て、40クラスをキャッチ。終わりを〆るには良い魚でした。

160605_1605
160605_1605

香川がパラダイスだった時代はもう終わって、誰も知らない秘密の野池もなかなか無く、厳しい対応を迫られる感じです。

バス・ナマ・チヌ・ハタ

色々釣ってます。

バスはよく行く水路で、サイレントバジンでまずまず。小さすぎるのも来ました。

160528_0704
160528_0704
160528_0724
160528_0724

久しぶりにナマズがやりたくなり、田んぼの横の水路に。ルアーはミニバド。これ1つをロッドにぶら下げて、やっていきますが、舐めてました。普段は活性も高く、ブラインドでも食ってくるのですが、この日はサイトで狙って打たないと反応しない。見つけた魚も、食うヤツと逃げるヤツが半々みたいな。こんな日に偏光も掛けずにズボラな釣りをしてしまい、3ヒット1キャッチに終わりました。

160528_0830
160528_0830

消化不良のまま、昼の干潮時にチヌ狙い。前日の雨もあり、笹濁りでイイ感じ。前回掴んだ釣り方で、やってみると、1投目からヒット。ルアーはドライブシュリンプ

160528_1223
160528_1223

これでワームを壊されたので、2投目はドライブクロー。ヒット。

160528_1228
160528_1228

その後しばらく当たるモノの乗らないが続き、ドライブシュリンプに代えるとヒット。結局短い時間で3枚キャッチ。

160528_1402
160528_1402

あの釣り方釣れるわ!

あ、その前にも・・・研修終わりの夕方、満潮で浦戸湾には足場がないので、港周辺をやってみる。ワインドを久しぶり取り出してやり、何度かアタリらしき反応はあったモノの、ノーヒット。
別の日に、今度はシンペンをやってみる。ルアーはトラスト。このルアー、フォールのアクションが抜群に良い。何投目かに、フォールさせていたラインがいつも以上に吹け、聞いてみるとヒット。しかしバレ。結構イイサイズだったなぁと気合いが入る。
その後回収気味に引いてきたら後ろからチェイス!でも食わずが数度あり。それからはファストリトリーブで割と上を攻めていたが、反応もなくなり、再びフォール中心のやり方にしていたら、先ほど同じように糸が吹け、合わせるとヒット。軽い感じで上がってきたのはたぶんチャマルハタ。オオモンハタかも。

160527_1833
160527_1833

ココで釣りするのも久しぶりだし、ハタも久しぶり。

色々ととり混ぜて釣れてます。

GWまとめ

順番が逆になりましたが、GWの釣行をまとめます。
4月29日 風もあまり吹かないという予報だったので、十市に船出し。着いてみると結構寒い+かなり風が吹いている。ままま、大丈夫でしょうと出船。しかし、時間と共に風は強くなり、エレキでは止まらなくなる。それでもブリッツバジンクランクで魚は釣れている。

160429_0742
160429_0742
160429_0811
160429_0811
160429_0848
160429_0848

ますます風は強まり、今居る場所が風上ということで、帰ることを決断。何とかスロープ着。船を上げていると風はもっともっと強まって、暴風。終了して良かった。
しかし釣り大欲はおさまらず、高知市内の水路に移動し、ノーネイムサーフェスを引いていくが、魚からの反応は乏しく、なんとかルアーとほとんど同じサイズのバス1つ釣って終わり。

160429_1100
160429_1100

5月2日 午前中ちょこっと仕事。終了後十市船。風はソヨソヨでイイ感じ。シャローをずっと打っていくと、杭の所でバシャ!ガッと合わせた瞬間ラインブレイク。嗚呼嗚呼~
その後無反応がず~~っと続き、さっき出た杭にワームを入れるとヒット!キャッチし、次の1投にもヒット!ジャンプでバレ!でも、今日はワームか?としばらくワームをやっていくも反応はそれきり。

160502_1326
160502_1326

もうヤケになってまたシャロー打ちに替えるとヒット!

160502_1615
160502_1615

夕方になりシャローか?とずっとシャローをやっていくと、キッスバイトが何度かあったもののヒットにはいたらず終了。
渋~い日でした。

5月3日 告別式に出るので釣りは無し。

5月4日 遠征君が来ているので、手始めに十市ボート。 風が強かったモノの、ポツポツと釣れて、2人で10本ほど。で、風強くなりすぎで、バッテリーも危うくなってきたので、終了

160504_0731
160504_0731

5月5日 遠征君が、1晩やってアタリもなく、魚釣りたいというので、ボトムチヌ場へ。さっそく1つ釣って自慢してたら、立て続けに3つ釣られてショック!ルアーはドライブシュリンプ。リグはジグヘッド。

160505_1044
160505_1044

ま、人の釣りを見るのは勉強になります!リグはテキサス。引き方はズ~~~ッとシェイクでゆっく~り引いてくるというもの。自分と比べるとかなり遅い誘い方。これが有効なら自分の引き出しが増えるはず。

5月6日  復習と復讐で 昨日のチヌ場に出撃。習ったやり方で5枚。リベンジ成功!

160506_0941
160506_0941
160506_0945
160506_0945
160506_0954
160506_0954
160506_1030
160506_1030
160506_1105
160506_1105

まずは心配していた、アタリが取れるかというところ。シェイク中に違和感があり、アタリは分かる。それで魚が乗るのかという疑問。乗りました。大丈夫。最後に自分が飽きないかという点。あれくらいアタリがあれば飽きずにやれます。しかも今までノズル引きより根掛かりも少ない(リグはジグヘッド)。これなら使えます。自分の引き出しが増えました。ありがとう遠征君。ホント人の釣りを見るのは参考になります。
しかも、この日はワームのカラーで明らかに反応が違いました。それまでライムチャートのドライブシュリンプを引いていたところを、グリーンパンプキンペッパーに代えたとたん当たりが出だし、しかも先ほど引いたところでも食ってきた。カラーもあることを痛感しました。

5月7日 今日も十市船でしたが、キビシー!
クランクには全く反応なく、ディープも何もなく、途方に暮れてブレイク+杭をアイウエーバードライブスッティックノーシンカーで絞り出した感じ。結局4本でしたが、しばらくバスはいいやみたいな感じです。

160507_1039
160507_1039
160507_1112
160507_1112
160507_1311
160507_1311
160507_1346
160507_1346
160507_1355
160507_1355

ま、渋い中、対応できた自分を褒めたいです。

以上、GW釣行のまとめでした。今年は風が強かったというイメージが残りました。
ちなみに遠征君は5月4日、5日、6日と3晩アカメを狙って頑張ったものの、釣ることは出来ず、以降リベンジをということになりました。

春~~

春爆はいつかいつかと待ちわびながら、また十市に船を出そうと行ってみたところ、池について、バッテリー忘れに気がつき、もう引き返すのも何だし、オカッパリすることに。

ヘラ台跡には人がおらず、入ってみる。道具は遠投性も考慮してチヌタックルに、スナップで繋いだジカリグ風。ワームはチビアダー白。一応自信のあるヤツ。
時折イナッ子を追ったライズがあるモノの、もちろんそれらは反応なし。
やや深めをズル引き気味にやっていると、コン!と強いアタリ。合わせると乗って、一気に走る。それなりのサイズっぽい。何度か走られ、なかなか水面まで出ない。手前に腐れホテイが浮いているので、そこに変に絡まないよう、なるべく沖で疲れさせたい。しかし魚はそこを目指して泳いでくる。タックル的に余裕があるので、強引に浮かせにかかると、見えたのはライギョ。60くらい。心配していたホテイへの絡みもなく、それでもロッドだけでは寄せきれないので、ラインを持って引き抜く。何とかランディング。なかなか口を開かない頑固者ライギョ。写真を撮ってリリース。

160402_0754
チビアダー

その後十市では反応がなく、水路に移動。バジンHHでやっていく。濁りは前回よりマシみたいな感じ。で、早々にストライク&キャッチ。

160402_0949

バジンHH

幸先良いじゃんと思っていたら、その後は反応あるものの、食い損ねやバラしが続き終了。

何とも煮え切らないまま、春はまだのようでした。

春遠ざかりぬ

気温が上がるとのこと、休みをもらって十市の池に船を出しました。

07:30出船。すでにアルミが1艇と、ウエイディングが1人。ウエイディングしてるのは知り合い・・・のはず。
で、アルミが北側におり、ウエイディングが南にいたので、挨拶をかねていつもと違う、南

時計回りで開始。近づいていくなり、ウエイディングが1本ナイスサイズを上げた。「おはよう

ございます。ナイスですねぇ。1本目ですか?」と聞くと、「2本目。あの(水面をピチャピチャ

やってるイナッ子)群れに付いてる感じ。」と情報をいただき。その横を抜けて南の谷へ。「イ

ナッ子ライズされると厳しいなぁ」と思いながら。

南の谷は何もなく、そのままシャローに入り、西岸をなめて行くも何も無し。そのまま水路

入り口に近づくと、イナッ子にバスが出てる。一応キャストするが反応なし。ルアーはバジン

クランク。そのまま流して、北西のブレイクに入る。ルアーをノーネイムにしたり、ブリッツ

したりし、やや浅いところではサブワートに替えたりするモノの反応なし。

東のブレイクもトレースしたモノのココも何もなく、1周パーフェクト。「困った、久しぶりに完

全試合かも・・・」と、弱気になる。で、ワームをやってみようとスピニングロットに手を伸ばす

と、ティップがポキ!嗚呼嗚呼折れちゃった。しかもスピニングはこれのみ。

もうこうなったら強気クランキンやり通すしかない!!と言い聞かせ、ブリッツの赤を結び、

東のブレイクを折り返す。東ブレイクから北の谷に移り変わるあたりでゴン!「やったやった

来た!!」嬉しい!!でもバラしたら立ち直れない。慎重かつやや強引にやりとりし、ネット

イン。ネットの中でまだ暴れ回り飛び出しそうになるのを何とかいなしてキャッチ。苦労した

だけに嬉しい。

160330_0954
赤ブリッツ

そのまま北の谷を北上し、ブレイク沿いに北西~西に入っていく。西の谷の入り口あたり

でゴン!ここに来て乗って来たぁ!ルアーは引き続きブリッツ赤。

160330_1006
赤ブリッツ

西のフラット先ブレイクを、今度はノーネイム赤でやっていくが、まっすぐ泳がない。見ると

リップの付け根がブラブラになっている。仕方がないのでノーネイムCBのバサークラッシッ

クカラーグリーンオイカワに代えてみる。西のブレイクがそろそろ終わり掛かった頃に、コ

ン!という強いアタリと鋭い引きが。来た~~しかもデカイかも!!と一瞬嬉しさMAXに達し

たモノの、引きがなんだかバスっぽくないなぁと思い出し、寄せてくると、デカイナマズさんで

した。

 

160330_1057
ナマズ

でも嬉しい。産卵前の腹パンパンだったので、優しくリリース。

 

その後釣れない時間が続き、1周何も無し。もう一度北西のブレイクを打っていると、ゴ

ン!ちょっとデカ目。ルアーは赤ブリッツ。

 

160330_1214
赤ブリッツ

そこからややシャローに入り、ルアーをサブワー

ト赤に代えて、やっていると、北の谷のブレイクでヒット。

160330_1230

サブワート

ココから不毛の時間が続き、クランクも通す所通し終わった感じもあったので、スパイダー

ジグにシンカーを付け、ドライブスティックをトレーラーにした仕掛けをベイトロッドに結び、ド

ラッギングを開始。巻き疲れて、手首も痛くなって来たというのもあり、しばらく流す。池の南

から北まで流すも反応なく、北の谷の終わりで折り返して東のブレイク何もなく、また折り返

して、北の谷にさしかかったあたりで、竿先にピクピクッと変化が。聞くように竿を引いてみ

ると、グ~~~ッと持って行く。距離があるので、思いっきり合わせ強引に巻いてくる。で、

キャッチ。小さいが久しぶりで嬉しい。

160330_1521
Spジグ+ドラスティ

 

その後しばらくドラッギングを続けるもあとがなく、またクランキンに戻っても何もなく、終

了。

 

あまり釣れず疲れた1日。春が早春に戻った感じ。

 

ゴミ拾いの日

毎奇数月の最終日曜は、ホーム十市のゴミ拾いの日。すでに47回目とか。頭が下がります。自分も機会が合えば参加するようにしてます。

あまり大騒ぎせず、地道に穏やかにやってる感じで、好感が持てます。最近では県や南国市の土木部、地元の人も巻き込んで、続けられており、すばらしいなと感じます。

で、その前に・・・まずは前日雨が降ったので、水が出てないかと浦戸湾を徘徊したモノの、どこにも雰囲気がなく、シーバスを諦め、バス釣りすることに。

十市に近い水路に久しぶりに竿を出してみる。ココは割とスレているので、スモラバにドライブシュリンプでやってみる。

岸際を打っていくがアタリなく、チョロチョロ流れ込みに枝が絡んでいるスポット。いつもやる割には釣れた試しがないが、一応入れてみる。着底、ス~~~ッ、ストン、ス~~~~ストンでコン!来たぁ!!合わせると一気に走りイイ引き。何度もジャンプし、突っ込み元気いっぱい。何とか寄せるが、足元は1.5mは水面からある。ラインはPE1.5号にリーダーが14ポンドなので、余裕はあるが、魚もそこそこデカイのでごぼう抜きにはできず、ラインを持って引き上げることに。ココで暴れられたら怖いなぁと心配したモノの、静かに上がってきてくれた。キャッチ。

160327_0739
スモラバ+ドライブシュリンプ

 

40超えたくらいだけど厚みがありパンパンの魚体。この釣り場ではマックスサイズ。気をよくして続いて打っていくがその後は反応なく、根掛かりで針が折れ終了。

移動して十市へ。ヘラ台には先行者がおり、西にも人が入っているので、北東のシャローに入る。ルアーはウエイキンミノー。ホテイの島のやや沖に投げた2投目、バシャ!出た出た!!強めに合わせ、強引に寄せてくる。キャッチ。ちっちゃいけど嬉しい。

160327_0804
ウエイキンミノー

 

そのまま打っていくが反応なく、ゴミ拾いの時間となり終了。

少ない時間でキャッチもでき、桜咲く中、気分良くゴミ拾いに望めました。

160327_1001
ゴミ
160327_0944

 

 

気をよくして

先日良かったので、もう一度十市に船出。

朝は寒い感じ。すでにゴムボートが2艇出てる。さすがは土曜日。
船を出し、いつものように東のブレイクに沿って釣っていく。ルアーは、ウエイキンミノー。前回このブレイクは打ってないので期待大。しかし何も起こらず、北の谷に侵入。徐々に浅くなってきた辺りで本日の1発目。キャッチ。

160326_0800
ウエイキンミノー

 

割とイイサイズ。しかしこれが勘違いの始まりだったかも。
シャローでイケるじゃん、トップに出るじゃんと判断してしまった。そのままシャローをずっと打ち、何もないまま1周終了。この頃より風が吹き出し、寒さがしみるようになってきた。
2周目、「シャローじゃないならブレイクさ」とノーネイム#1/0の赤でまた東のブレイクをやっていく。東のブレイク終わり、北の谷の入り口辺りでヒット。キャッチ。

160326_0934
ノーネイム

ノーネイムで久しぶりに釣った。カラーは春の赤。
そのままブレイク沿いに打っていくが反応なく、ゴムボートがその先のブレイクでやっているので、ルアーをサブワートに替えてシャローに。西の谷のブレイクが岸に寄った杭の縁でヒット。キャッチ。

160326_1007

サブワート

 これをキャッチしたあたりから風が強まり、ゴムボートでは操船不可能な状況。2艇とも居なくなりました。これで十市を独り占め!

 しかし、ココからアタリが止まり、2周ほど何も無し。ルアーをブリッツマックスに替え、東のブレイクから北の谷を打っていると、久しぶりのヒット。キャッチ。

160326_1046
ブリッツマックス

ここで、今日はこの北側に魚が集中してるし、クランク食いきれないヤツも居るのでは・・・とスモラバにドライブシュリンプを付けたライトリグを投入。
風もあるので、ドラッギング。例のブレイクに差し掛かった辺りでピクピクッ!合わせてみるとグ~~~~ッと走ってイイ引き。寄せてくると今日一。

160326_1234
ドライブシュリンプ

気をよくしてそのコースを何度かトレースし直すも変化無し。
この頃より風が一段と強まり、ボートが止まらない状態。寒くもなってきたので本日終了。

前回に比べかなり厳しい感じながら、何とか5本絞り出せた感じ。