カニチヌ

以前にも何度か書いた覚えもあるのですが、チヌをワームで釣ろうとさんざんやった後、カニを餌にして投入すると、ものすごいアタリと共に釣れることがままある。同様に、ルアーを散々投げた後にギルをワームフックに刺して投入すると、1発でデカバスが食ったりといったこともある。
もちろん、生餌を使ってるのだから、居る場所さえ分かっていれば、ルアーよりも釣りやすいのはわかる。広い場所を釣りながら拾っていくにはルアーが良いと思う。
ルアーの私的最大利点は、「メンドクサく無い」。何時でもどこでも思い立ったらすぐできる。餌釣りの私的最大欠点は餌を用意しなくてはならない+餌の管理がめんどくさい。なので、ここに書いている餌釣りは、鯉のノーパンフィッシングと、沖のイカ釣りだけだったかな。
でも、餌釣りとルアー釣り、どっちが上で、どっちが面白いとか言ったことは私的にはない。ルアーにはルアーの面白さがあり、餌には餌の面白さがある。

前置きはこれくらいにして、昨年から、たまぁ~にやってるカニでチヌを釣ること、これはルアーの延長で、ジグヘッドにワームを付けたままカニをさしたり、ワームを外して刺したりはあるものの、タックルはルアーの時そのまま。先に付いてるのがワームなのかカニなのかの違い。
で、多くの場合、放水口から水が出ており、潮が引いてる時にやる。なぜなら、水が出ていればチヌかほぼ確実に放水口の中にいるし、活性も高い。潮が引いていれば放水口の奥に投げ込みやすい。放水口の奥の奥に投げ込めたら、ほぼアタリがある感じ。
餌はその場で調達する。浦戸湾の干潮に近い時間帯ではあちこちでカニを見つけることができる。捕るにはそこそこコツも居るが、ちょっとした道具と慣れがあれば、それなりにできる。追いかけると、カニは必ず隙間に逃げる。ブロックとブロックの隙間には多くのカニがひしめいている。そこから手ではなかなか捕まえられないので細い棒や針金で引き出すようにして捕まえる。カニの大きさは、中くらいがよい。中位と言っても、何が中位かわからないが、その場にいる、見えるカニのうち中位が良い。でかいのは針掛りが悪いし、小さいとアピールが足りないし、針持も悪い。ちゃんとやればいいのだろうけど、ルアーの延長気分なので、カニを捕まえたらジグヘッドにそのまま刺す。お尻に刺すことが多いが、頭だけかじられることが多い場合は、横刺しにする。ハサミは、捕まえたときに外れてしまうか、自分がはさまれて痛いので、捕まえたら外すことも多いが、ハサミ付きの方がよい場合もある。

実際のとある放水口での話。前日が雨で、放水口からは水が出てる。ここで水が出ていれば、過去100%でチヌは釣れている。実は朝の潮が高い時間にも来ており、アカメやシーバス狙いでやっていたが、この日は反応なしだった。少し間を置いて、潮が引いたタイミングで入ってみた。まずはワームを投げるが、まったく反応なし。周りを見るとカニがゴゾゴゾ。うまくつかまれられたので、早速ワームを付けたまま刺し、投げる。投げ入れ、少し引いて、様子を見ていると、ラインがゆっくり持っていかれる。普段なら、ゴン!とかガツガツッと来て、一気にラインを持っていくことが多いのだが、今日は渋いみたい。しばらく様子を見ていたものの、それ以上何も起こらず、いったん回収。見ると、足だけ食われている。食い気が低いのか、警戒しているのか。そこで、新たにカニを捕まえ、ワームを外してカニだけを投げ込む。カニ餌なので、投げ込んだらラインを少し弛ませて様子を見る。すると、ラインが急にス~~~ッと走り、竿先にもガツガツとアタリが来た。

しばらく走らせ、十分に食い込ませてから、スイープフッキング。するとキレイに乗って、魚が走る。イイ引き。寄せてキャッチ。

170608_0741

これまでのカニ餌で一番渋い展開。それでもそこに魚がいて、餌をうまく放り込めれば釣れる。というのが分かった。

GW明けのチヌ

GWも一段落し、浦戸湾に注ぐ川の代掻きによる濁りもなくなり、いよいよトップチヌ
のシーズンイン。
川を中心に、シャローでポッパーを引くことが多い。
ただ、今年の傾向として、チヌが小さい。手のひら弱の小チヌがポッパーを盛んに突い
てくる。11月から年末年始にかけては、ヤマトJrなどの大きめトップで良い結果が出た
モノの、小チヌ中心のこの時期ではそうもなかなかいかない。徐々にルアーのサイズを落
としていき、水面の状況を見て、ポッパーとペンシルを併用する。そんな感じでここのと
ころ何とか結果が出るようになってきた。
ちょうど時期を同じくして、ハクにしか興味の無かったシーバスも、他のベイトを追うようになり、ルアーでもいくぶん釣りやすくなってくる。

たとえば、同じタックル、同じルアーでやっていても、このキャストはチヌ狙い、この
キャストはシーバス狙い、このキャストのココまではチヌ狙い、ここからはシーバス狙い
といった使い分け(狙い分け)もできるようになってくる。チヌはわりと、オープンな浅
瀬のちょっとした出っ張りや引っ込みにいることが多い。シーバスは障害物近くにいるか、
ベイトの群れに付いていることが多い。たとえキャッチに至らなくても、出た場所や出方
で、シーバスかチヌかも判断出来るようになる。

5月18日 出勤前、ワンド最奥でPop-Xに出たシーバス。久しぶりにシーバスを釣った感じ。

170518_0749

同日夕方、少し動いた橋の下、またPop-Xに出たシーバス。朝より1周り大きい。こいつは、テトラの角のいかにもって所から出た。

170518_1726

5月21日 暗いうちから水中堤防の川。手前のテトラ近くにハクがフラフラしていた
ので、その近くでコアユを引いてきたら真下から飛び出した。

170521_0536

そのまま対岸近くの浅瀬に向けて投げていると、何度も出るがなかなか乗らないが続き、やっと乗せた1枚。久しぶりのトップチヌ。

170521_0545

その後も出るけど乗らない、または乗っても食いが浅くバレるといった展開が続き、名称不明の小型ペンシルに代えたとたん乗ってキャッチ出来た1枚。

170521_0752

結局この日は22ストライク、9ヒット、3キャッチ。出るけど乗らない、乗っても取れないとストレスの溜まる展開。

 

5月22日 水中堤防の川は毎日攻めるとスレちゃうと思い、浦戸湾流入ではない小規
模河川へ。潮が引かないとは入れないところなので干潮を狙っていく。まずは入川地点からすぐの場所で、出た。サイズは小さいが、乗ってキャッチ。ルアーは昨日のミニペン。

170522_1000

下流に流していき、出るけどミニペンにさえ乗らないが続く。ストレッチが終わって引き返す際に、帰りはまだ打っていない対岸近くをやろうと思い、RAポップに変更。思いっきり飛ばすとイイ反応。

170522_1132

結局この日は14ストライク4ヒット2キャッチ 乗り率悪すぎでしょう!!

 

5月23日 浦戸湾を攻めるも、何があったか反応が無く朝夕ともダメ。

5月24日 朝、水中堤防の川、いつもの対岸、いつもより下流に入る。潮は下げ潮。上流に向けて打っていくと、2投目にドバ!ルアーはポッピー。しかし乗らず、そのまま上に打っていくとまたドバ!今度は乗って無事キャッチ。

170524_0716

 

出勤前に良い気分。結局6回出て、3回乗って1キャッチ。昨日とは打って変わった好反応、どうしたの浦戸湾って感じ。

GW振り返り

GW、今年は色々あって9連休。
とりあえずまとめて振り返ります。無駄に長いので、面倒な人はスルーして下さい。

4月29日、暗いウチから十市に船出し。
朝一は寒い。しかも既に2艇出てる。
少し遠慮気味に船のないところを目指す。
前回も好調だった西のブレイクは空いてる。しめしめと思い、ノーネイムフラットでやっていくと、ブレイク終わり辺りで1本目。

170429_0549
170429_0549

で、別艇が来たので、シャローに入る。
で、バジンにヒット。サイズもまずまず。引きは強い強い。

170429_0619
170429_0619

シャローをずっとやっていっても反応はなく、またブレイクに戻る。しかし反応無く1往復し、「そういえば春はジャークベイトって言う人もいるよなぁ」と思いだし、ルドラをジャークしていくとブレイクの終わりでガン!キャッチ。

170429_0659
170429_0659

しかしブレイクでは続かず、まだ誰も入っていない南のドシャローに入る。ルアーはサイレントバジン。浮き草回りでドバ!からのジャンプ!ラー様だぁ。で、キャッチ。ラー様は久しぶり。

170429_0737
170429_0737

シャローを見ると、ハクライズがバンバン。とりあえずテガイに行ってみる。前回はバジンに1本来たが、今日は追ってくるだけで出ない。そこで、スピニングタックルにボイルトリガーをつけて、ボイルの向こうに投げて、ボコン&ステイにドン!出た!ボイル打ちの方向が見えた感じ。

170429_0834
170429_0834

またボイルに投げると、スンと消し込んだ!またヒット。

170429_0848
170429_0848

ココからボイル打ちをやるモノの続かず、シャローから出てブレイクをやっていくと、ノーネイムフラットにヒット。

170429_0945

ここで運勢をチェックすると今日のラッキーカラーはクリーム色らしい。で、それっぽい色を探すとブリッツのハニーブラウンが目に入った。コレコレ~とブレイク打ちを再開。東のブレイク手前でヒット。イイ引き。キャッチすると、ナイスサイズ。計ってみると、43センチ。思ったより小さい。ま、いいや。

170429_1026
170429_1026

風が北から南に変わり、気温も上がってきたので、ちょいシャローをやろうとルアーを探すと、ニシネルアーワークスのファットブルがその気になればクリーム色。水深的に丁度イイので、久しぶりに使う。コレが当たり、西のブレイクでヒット。サイズもまずまず。

170429_1058
170429_1058

そのまま打っていき、北の谷でまたグッと来た!重い引きからのジャンプ!それでもバラさずキャッチ。コレでラー様入れてツ抜け。

170429_1146
170429_1146

この頃から南風が強まり、バッテリーもギリギリになってきたので、打ちながらスロープに向かい、バス10本目を狙うがその後反応無く、終了。

釣りまくった感はなく、苦労して工夫して1本1本積み重ねたら最終的にツ抜けた感じ。
ボイル打ちになんとか方向が見えたのが収穫かな?

5月1日は宇佐の湊丸に出してもらってジギング。

170501_0440
170501_0440

0500に出すよと言われ0430に港に着くと既に5人は乗船していた。船長は不在。で、船長が戻ってきて、0445出港。船は南西に向かう。「最初の場所は40分くらい、120メートル」とのことで、とりあえず、240グラムのクランキーを付ける。色はイエローに夜光のドット。
海は凪いでおり、やや寒い。
05:40頃第一ポイント到着。水深は言われたとおり120メートル。ジグもそのままクランキーの240グラム、黄色に夜光のドット。着底させ、一アオリしてフォール中にガツ!幸先イイじゃん。船一番だし。で、子エソ。リリース。第2沈。今度はフォール中にガツガツ。合わせるとさっきのよりはイイ。上げてみると、巨エソ。コレはイタリア人イベント用にキープ。回りにもエソヒットが続く。

170501_0629
170501_0629

その後船は南西に南西に打ちながら向かい、釣れてくるのはエソばかり。窪川沖から興津沖まで来たら風が強くなり、うねりも大きくなって
来た。ココから宇佐向きにやや浅い所をやっていき、時折ガシラも釣れるが、やはりエソエソ。

170501_0947
170501_0947

1カ所だけなんか潮の中にゴミが浮遊してる場所で、自分にレンコ、オモテではクエも来て一時フィーバーしたもののやはりエソエソになり、最後までそれは変わらず、オマケに竿は折れるはロストはするワで、あまりイイ感じではなかったモノの1日楽しめたと言えば楽しめました。

170501_1755
170501_1755

5月3日、世間のGW後半も本格的に始まり、道が混むだろうと、暗いウチに出て、混む前に帰ってくるつもりで、十市ボート。
5時に畔に着くと、既に2艇出てる。流石はGW。自分の直前に出したゴムボは東のブレイクをやってる。もう1艇のカヤックは東の矢板前にいる。なればと、西に行くことに。スロープから真っ直ぐ池を横切り、西のワンドに行く。
アチコチでハクライズがある。
ルアーはいつものバジンクランク。ブレイクに沿って打っていくと、数投目で出た!しかし乗らず、嗚呼残念。でも、今日はイケそう!少し東に動いてシャローのヒシモ際でモワンからのゴツン!今度は乗った。ファーストフィッシュなので慎重にネットイン!やった!早くも1本目。

170503_0518
170503_0518

前回良かった西のブレイクか迷っていたけど、コレでシャロー決定!北のシャローを目指す。
北のシャローではハクライズが盛ん。前回良かったボイルトリガーを投げると、ボゴッと出た!キャッチ。2本目。ココまでは順調。

170503_0544
170503_0544

ゴムボも近づいてきたのでここでターンをし、よりシャローを行く。
シャローではハクライズが盛ん。ボイルトリガーにはあまり反応がないので、先日神戸で108円で買ったバスアサシンを試してみる。コレは日本ではあまり人気がないようだが、ハワイのピーコックバスにも実績あり。日本製のワームより強く、壊れにくい。コレ、激しい使い方には有り難い。で、ハクライズに投げると激しく出た!ナイス!

170503_0741
170503_0741

しかし、しばらく反応が無くなり、風がやや強くなってきたので、01バズを投入。するといきなり出た!しかし乗らない。ただ、コレでやる気も出たし、バズを引き続けられる。暫く流していくと、また出た!しかも乗った!バズ、イケるじゃん。

170503_0753
170503_0753

そのままバズを続けるともう1本。
バズへの反応もなくなり、バジンクランクに戻して、シャロー打ちを続けていく。反応はあるモノの乗らないか続く。
でも、バスが居る感じの場所がつかめてきた。闇雲に投げるのではなく、狙って投げると反応もある。で、ハクライズや反応のフォローにバスアサシンを入れていると、出た!しかもイイサイズ。キャッチすると今日一。測ると43センチ。

18268595_1289657054488399_7299173800762557274_n
その後バジン→アサシン→バジン→バジンとキャッチでき、今回もツ抜けたところで終了。
朝のウチに切り上げるつもりがついムキになり、何とか2桁行きたくて終わってみれば、12時を回っておりました。

ふぅ 疲れたけど楽しかった。

5月5日、前回良かったので、調子に乗ってまた十市に船を出しました。朝のウチは小雨模様。イイ感じ。
ゴムボが1つ西のブレイク辺りに浮いてる。
まずはバジンとバズで東のブレイクからシャローに入る。北まで来るとハクライズがある。そこにはバスアサシンを入れてみる。1度ヒットしたモノのジャンプ1発でバラシ。嗚呼残念。
その後は何も起こらず、西のシャローを流していく。岩盤山脈付近でハクライズがあるモノの、ルアーには反応の無いまま、南のシャローまで行く。しかし何もないまま1周目終了。「あれ?おかしいぞ!」
この頃、ゴムボは北のシャローにおり、東のブレイクにはヘラのおっちゃんが陣取った。なればと引き返し、北のブレイクをやり、また西のシャローを目指す。そこら中でハクライズが起こる。
上手くライズの先に落ちたバスアサシンをチャチャっと水面をダートさせると、後ろの水面が盛り上がり、止めてフォールさせると、ラインがすス~~っと走った。さっきバラしたので、長く強めのスイープフッキングすると、上手く乗って走る走る。で、キャッチ。イイサイズ。一応測ってみると、42センチ。まずまず&一安心。

170505_0706
170505_0706

そのままボイル打ちを続けるもその後は反応なく、北から東のシャローまで行く。ココでもハクライズ。何度目か、ヒット。キャッチ。コレは小さい。でも嬉しい。

170505_0854
170505_0854

ココでまたターンし、ボイル打ちを続けながら、ボイルのないときはバジンクランクを投げる。1度だけバジンにヒットしたモノのバレ。岩盤山脈の手前で、バスアサシンをチビアダーに代えると、連続ヒットするも、バラシが続く。上手く合わせが効かない感じ。悔しいまま、反応もなくなる。風は全くなくなりペットリ水面。操船はしやすいが、シャローでは釣れない雰囲気が。で、一時ブレイクをクランキンしてみるも反応なく、風がまた少し吹き出したので、ヤケクソでシャローをバジン投げまくり作戦に出る。
で、何とか1本キャッチして、本日は終了。

170505_0940
170505_0940

あ~厳しい厳しい!

ポロッと50

東京から釣り友が来たので、暗いウチから十市。車から降りると予想外の寒さ。
しっかし寒い!
でも朝一はシャローでと浅場を打っていく。ルアーはもちろんバジンクランク。しかし何も無し。

ブレイククランキンで釣り友バラしにゲットと好感触。
私もブリッツマックスでバラし。しかし風が強まり、「風が吹いたらスピナーベイト」という昔の格言に沿って、ハイピッチャーに換えると、ヒット&キャッチ。一安心。スピナベで久しぶりに釣った感じ。

170423_0736
170423_0736

で、ハイピッチャーでもう1本。

しかし反無くなり、釣り友には連続ヒット。コレで3対2に。別に競ってるわけではないがやや焦る。釣り友はシャッドっぽいのを引いてる。真似してみるがダメで、ふと思いついてノーネイムフラットにする。するとココからブレイクでイイサイズが釣れだした。

170423_0953
170423_0953

そして続いて打っていくと、グッと止められ、重い引きが。「これイイかも」とやりとりしてキャッチ。小さい船に2人乗りで、メジャーを置いて計測するスペースがないので、口持ちであてて、最大ひいき目50。なんかポロッと釣れちゃった感じ。

170423_1024
170423_1024

その後、これからって時にバッテリーがアップアップとなり、最後シャローに入ってバジンで1本追加し面目を保つ。

170423_1100
170423_1100

スロープに向かいながらフラットで1つ追加で終了。

170423_1120
170423_1120

2人で10本。まずまずと言えばまずまずながら、もうちょいイージーに釣れてほしかったなぁという感じ。

とりあえず楽しめました~

ガシラって何者!!

ガシラ爆りました。
クラブの釣り大会で、皆が爆ってました。ある者はオキアミで、ある者は魚の切り身で、ある者はワームで・・・

私は餌を構えるのが面倒だったので、堤防からジグヘッドで落とし込み。ドライブクロードライブシュリンプをちぎって掛けてやりました。何せ魚が小さいモノで。
フォールで食わなければ、海藻付近でサイトのチョンチョン。いきなり飛び出してきてくわえてダッシュで戻る。すべて見えてるからコーフンMAX!

170421_1538
170421_1538
170421_1549
170421_1549

普段はなかなか釣れない、また本気で狙わないガシラですが、やってみると面白い。

サイズはちっちゃいのばっかりではあるモノの、時折20センチ超えも来たりして、海藻にくるまってしまったりで四苦八苦。これも楽しい。

170421_1641
170421_1641

余談ですが、この港、何年か続けて鉄炭団子を投入しています。これにより海藻が以前より生えた気がします。それにつられてガシラもたくさん入ってきたのかな?そんな気がします。

170421_1720
170421_1720

高知にはアイナメやメバルはほとんどおらず、こういう釣りの対象はガシラになります。

チヌ&バス

シーバスには見向きもされないこの時期、魚を触りたいと思えば、バスかチヌかということに。
午前中は研修があり、終了後、ちょうどド干潮なので、急いで出てみる。
ダメだダメだとは思いつつ、それでも淡い夢を見て浦戸湾の放水口に入ってしまうわけです。行ってみれば、水は出ているし、ハクへのシーバスライズはもうバコバコ。でもでもいつものように、何を投げても反応なし。
いい加減嫌気がさしたところで、底チヌ狙いに変更。ルアーは7グラムのジグヘッドにHPシャッドテール。ちょっと重いが、5グラムが手元にないのでコレでやってみる。ずっと打ちながらやっていくが反応がない。行って帰ってきて、もうこれで終わりにしようと、とりあえずテトラの沖に平行に投げ、何気に底を引きずっていたら、コン!からいきなりギュイ~~~~ン!!で、そのまま緩めのドラグを引き出しダッシュ!!「コレ、デカイんじゃね?もしかしてチヌじゃないかも!!」とか妄想は膨らむ。何度かドラグを出されながら、テトラに擦られないようにポジションをかえ、手元まで誘導すると、デカ目のチヌ。一瞬黒鯛かと見まがう程の大きさと風格。手前のテトラをうまくかわし、ネットイン。よっしゃ、久しぶりの魚だ!!

170415_1340
170415_1340

続く1投、またアタリがあり、コツ、グイ~~ンと行くも、乗らず。反応はコレで途絶えて、終わろうとふと足元に目をやると、先日シーバスと共に逝ってしまったヤマトJr.がこちらを見てる。ラッキーラッキー。エース君が戻ってきてくれた。

170415_1359
170415_1359

なんてついてる日だ!!ってことで機嫌良く帰宅。

翌日は朝、暗いウチから出撃。浦戸湾の放水口を見て回るも、出ておらず、水路でバス狙いをすることに。ルアーはもちろんバジンクランク。この春十市ではノンラトルの有効性を確かめたくてサイレントバジンにしていたけれど、ここの魚は産卵関係なようなのばかりなので、普通のバジンにして、カラーは水色を見てファイアータイガーにする。いつものところから降りて、水路の壁沿いに打っていくと、ウキ草の絡む場所の手前で、グッと止められた。さい先良いじゃんと、寄せてきたらバレ。嗚呼残念。でも、このあたりから来るって事は過去の経験から良い証拠。そのまま打ち続ける。しかし暫く来ない。先ほど出たところから推察して今日はカバーかとカバー付近には慎重にアプローチするが反応がない。それでもずっと打っていくと、ヒット。さっきのよりはちっちゃいけど、慎重に取り込み。今日の1本目。

170416_0532
170416_0532

 

そのまま続けると、またヒット。ちっちゃい。そこからはかなりの感じで釣れて、行き終わり。

170416_0536
170416_0536

帰りは対岸にピッチしてトゥイッチして狙ってみる。すると、対岸壁際から1本。今日一のヤツ。

170416_0601
170416_0601

で、この水路は終わり。
移動して、池へ。池の水草はほとんど無くなっている。水門付近への立ち入りも禁止になってる。1投目、本池側のフェンス沿いに投げると、出た!でも乗らない。もう1投、出た、乗った、キャッチ。

170416_0628
170416_0628

 

この池ではコレのみ。
続く水路に行って見るも、水草がない。「コレは薬でも流したかな?」と思いながら、細い水路を普段なら打つのだが、今回は普通にキャストしていると、出て乗ってキャッチ。

170416_0639
170416_0639

その後水路をあちこちするも反応なく、終了。
終わって美れはツ抜けて10本。オカッパリ2時間程にしてはイイ感じ。ま、サイズがね~って感じではありますが。

釣れたり釣れなかったり

名古屋への出張後、とりあえず、釣りに出ようと、出てみる。
この日は高知には珍しく、濃い霧が掛かっている。

170408_0859
170408_0859

前日から雨が降っているので、浦戸湾の出水を期待して行ってみる。川はとりあえずカフェオレ。水も出ている所には先行者がおり、ずっと回って見るも、イイ感じではないので、十市の池に向かう。途中お弁当を購入して、やる気満々だったが、畔に着いてみると、止んでいた雨がまた降り出した。池を見ると、見覚えのあるカヌーが。S本さんだ。早速電話してみると、「今日は良いですよ。トップにも出ますし・・・」みたいな良いお返事だったので、意を決して出してみる。雨は相変わらず降っている。

S本さん艇はブレイクをやっているので、自分はシャローに入る。ルアーはいつものサイレントバジン。東から北、西まで回り込む。ここまで単独で浮いているホテイの際などで2~3回反応があったモノのキャッチにはいたらず。そのまま回って西シャローの水中山脈でサイレントバジンに反応が!しかし乗らず、すぐさまドライブスティックのノーシンカーをフォローに入れるとラインがス~~~~。スイープに合わせると乗って、ちっちゃいけどよく引いてキャッチ。嬉しい!

170408_1052
170408_1052

そのままシャローを打ち続け、浮島の周りでサイレントバジンにヒット!しかしバレ。良いサイズだったなぁ。あ~残念。

また別の浮島でもヒット!今度は慎重に寄せてキャッチ。サイズもまずまず。

170408_1104
170408_1104

なかなかイケるじゃんとシャローをやり続けるも、以降何もなく、ブレイクも釣れず、昼過ぎに雨がまた強くなり、戦意喪失で終了。

結局2本か、反応があったのを全部取れてれば ればレバREBAま、仕方ないですね。

ちなみにS本さん艇は2人で22本だそうで・・・実力の差をまざまざと知らされた感半端  ナイです。聞くと、私の来る前、まだ朝霧が晴れないうちにバコバコで、それ以降はワームでネチネチやってたそうです。私にはその釣りで粘る根性がありません。はぁ・・・

 

 

 

十市ママ

前回十市出船は全くなすすべ無く、久しぶりのパーフェクトを喰らい、中筋に逃げてしまったが、何度も中筋に行くわけにも行かず、近場で対応してみる。

まずは、昨日の雨による出水を期待して浦戸湾を巡ったモノの、良い場所には先行者がおり、仕方が無いので十市を見に行くと爆風+寒~でダメダメのパス。ゴムボートが1艇出てるけど、風に弄ばれてる感じ。

で、北上し、某水路に行って、何とか小さいのを1本。ルアーはバジン。これはこれで嬉しい。

170401_0800
170401_0800

その後近くの別の水路を巡ったモノの続かず、もう一度十市を見に行。

着いてみると、風はややおさまっていたので出船を決意。ゴムボはおらず、 貸し切り。

まずは、ブレイクをBLITZでやっていく。東を過ぎ、北の谷を過ぎ、西のブレイクに差し掛かった辺りで、グッと止められヒット。しかしやりとりしていたらバレ。何で?ルアーを回収してみるとフックが1本折れてる。嗚呼嗚呼~アホなミスで貴重なバイトをフイに。

フックを付け替えてまた打っていくと、すぐにヒッ、しかもかなり引く。コレバラシたら立ち直れないと、慎重にやりとりしてネットイン。デカ!お腹の膨れたママが釣れました!計ってみると47~48。50に足らないモノの、体型も素晴らしいヤツ。

170401_1000
170401_1000

コレコレ、コレを待ってたのよ~!!今日は1日コレが続いてほしい!とブレイクをずっとやっていくと、暫くしてまたヒット。さっきほどではないモノのナイスサイズ。

170401_1020
170401_1020

 

しかし、ブレイクではその後何もなく、シャローに突入。1周して1回だけ反応はあったるモノの乗らず、シャロー2周目に。南の島でサイレントバジンにドバ!出た出た乗った!キャッチ。コレも良いサイズ。一応計ると45。まずまず。

170401_1259
170401_1259

その後、シャローのホテイの際で、何度か反応もあり、結構頑張ったモノの、ヒットには至らず。最後に東のブレイクをやってみても何もなく結局コレで終了。
池の畔には桜が咲き始め、一時の全く“無”からは抜け出した感のある十市でした。

170401_1451
170401_1451

判っていたけど

この時期川は田んぼの濁りが入り、辛いはずというのは判ってはいたものの、十市があまりにもダメなので、中筋川へプチ遠征。

着いてみると、やはりカフェオレの川。ままま、準備をして出船が07:30頃。

いつものとおり、スロープ上流のテトラからやり始める。カフェオレってことは、障害物にタイトに付いてる=やり方によっては釣りやすいのかも・・・と皮算用。ルアーは水色と相談して、アピール重視のダイバジン
テトラに平行気味にタイトにトレースしていく。ズ~~ッと打っていっても反応なし。テトラの終わり、やや回り込んだ辺りにキャストが決まり、引き始めると、グッと押さえ込まれた!!
これくらいのタイミングできてくれるとありがたい。慎重に寄せてネットイン。やや痩せてはいるが、嬉しい1匹。

170329_0756
170329_0756

そのまま岸沿いを打っていき、次のテトラ。反応なし。水門まで来ても反応なし。
ボトルネックでも反応なし。そのまま上に行くも、時折エレキが底に接触。ギリギリまで上がっても反応なし。ココで下流方面から船外機の音が。見ると川漁師のおっちゃん。道を空けるように動くと「ごめんよぉ」と優しい言葉。「いえいえ、ちょうど戻るところでしたから」と挨拶を交わし、下流へ。
帰りはやや深めと思い、ノーネイム♯1でやっていく。色はこんな水色なので、黒。テトラ帯とテトラ帯の間の何もないバンク、やや張り出してるかな?みたいな感じの場所に、投げ、特に意識せず引いてくると、張り出した草の先にラインが乗っており、外れない。そのまま引いてくると、近づくにつれ表層を泳ぐ感じに。そのまま引いてくると、ガボン!出た出た!!合わせると乗って、慎重にキャッチ。こんなところにいるんだぁ・・・

170329_0928
170329_0928

 

しかし後が続かず、スロープも過ぎ、流れ込みは流れ込んでなく、反応もなし。続くテトラは丁寧に内外やったモノの何も無し。対岸のテトラも何も無し。期待の岩盤でも何も無し。そのまま岩積みへ。巾着が沈んでいるので、浅めを意識しながらやっていると、クランクらしく、ガッと止められてヒット。しかし小さい。

170329_1108
170329_1108

石積みが終わり、期待大のクランキンストレッチ。

ココは以前に何度も、特に春はクランキンで良い思いをしている場所。まずは小さいのがヒット。ってか極小、よく食ったなぁサイズ。

170329_1112
170329_1112

次のキャストで、イイサイズがピックアップの瞬間下から出てきて一瞬ヒット、しかししっかり乗せられず残念。やはりこのストレッチはナイスと思っていると、先ほどからポツポツ降っていた雨が割と本降りになってきて、これ以上進むのを断念。ただ、度折り返して、フラットに換えて少し深めをやりながら戻る。しかしもう反応はなく、そのまま上へ上へと進む。

岩盤を打っていると、根掛かり、やや強引に外すとこちらめがけてルアーがすっ飛んできた。避けきることができずに、顔に当たる。で、外そうとするもなかなか外れない。フックは左の顎に刺さっている感じ。ただし自分では見ることができない。「これはカエシまで入ってるな」と思い、一瞬病院行きもよぎったが、それも面倒だし、過去にカエシまで入ったのを強引に抜いたこともあり、思い切って抜いてみることに。プライヤーでフックを挟み、ツンツンとするも抜けず、やや力を入れてグ~~ッと引くと、何とか抜けた。見えないだけに痛さとかは感じない。一応バンダナで刺さっていた部分を覆って、見てみると、かなり出血している感じ。そのまま強く押さえ、圧迫止血。数分で出血は止まり、痛みもほとんど無し。

しかしこれでやる気がややそがれ、その後はテキトーに打って終了。

結局5ヒット4キャッチ。カフェオレの中まずまずかとも思いながら、もう少し釣りたかったなぁとも思う結果でした。

厳しいのは判っていたけど、十市の不毛感とは違って、まだまだやる気の出る釣りとなりました。

春はまだか?!

帰国後、春一のデカバス&爆発を願って波介川&十市に出たモノの・・・

まずは波介川。午前中仕事して、午後一出船。事前情報で下流がよいとのこと、下流スロープより下流に向かう。
スロープ側護岸にはヘラ釣りのおんちゃんが1人いるので、まずは対岸流れ込み付近の石積みをクランキン。反応なし。川底のヘドロが浮き上がって水面にモヤモヤしてる。水色はまずまずクリアだけど、如何なものか・・・
そのままその岸を下流へ流していく。所々石積みがあり、いつもならここらアタリで反応があるはずと、期待を込めて打っていくも反応なし。
弥九朗橋まで来ると下流の流れ込みにオカッパリがいるので、対岸に回り、橋下流の流れ込みとサンドバー狙い。反応なし。
そのまま流し、下流のブッシュ帯へ。ココでは場所場所でラバジも入れていくが、下手くそになりすぎて効果的ではない。
竹の絡んだブッシュ、上手く奥までブリッツマックスが入り、ブリブリと一引きしたらデカバスが浮上し、吸い込んだ!しかし、マックスは口の中に入らず、わずかに針先が唇に触れたか、バスは嫌々するように口を振る。しかしそれで深みに消えた。嗚呼残念
ま、帰りにもう一回打てばイイや。
そのまま下流へ向けて流していくと、釣りビジョンで菊本さんが釣った木の場所に。テレビによるとだいぶ沖まで枝が落ちてるとのことなので、やや沖をラバジで探ってみる。しかし何もなく、一番下のゴム堰まで。流れ出しも丁寧に探ったモノの反応なく、上流へ折り返す。ルアーはやや深めを意識してノーネイムフラットに変更。
例の木を打ち、行きよりも岸際に際どく入れていくも反応なし。
先ほどデカバスの出たブッシュまで戻ってきたので、 丁寧にやってみるも二度と浮いてこず、ココで行きにはやらなかった対岸に入る。ココもゴロタの入っている春らしいスポット。わりとまじめに巻いたものの反応なし。そのままこちら側の岸をズ~~~ッと巻いてみるが反応なし。魚も見えない。いるのは鯉のみ。
スロープ対岸まで来ても反応なし。スロープ対岸の流れ込みも何も無し。そのまま橋のやや上まで流したものの何もなく、スロープ側へ。スロープを越えて、護岸をヘラのおんちゃんに怒られないギリギリ辺りまでやってみるも結局何もなく、夕方飲み会もあるので終了。
1匹だけ反応があり。それは浅いところにいたが、それ以外は魚見ず、ネストも見なかった。
春はまだなのか?

前回、先日消化不良だった十市に船を出す。
風は北、やや寒い。
暗いウチに着き、一番乗りのはずが。すでに2艇。1艇は杉本さん、もう1艇はゴムボ。杉本さんはすでに東のブレイクを打っている。ゴムボは出たばかり、南を目指しているようだ。いきなりにしに入るかとも思ったが、朝一シャローに決め、東のシャローからやってみる。ルアーはサイレントバジン。もうこれしかない。
ズ~~ッと岸沿いのホテイの切れ目や杭を打っていくが反応なく、新興住宅前にホテイの離れ島を発見。その回りを1周やってみようと決め、風のやや当たる側に入れたバジンがグッと引き込まれた。そのまま巻き続けるとグッと乗ってわりと大きめの引きが!しかし、すぐにバレ。吸い込みが浅かったか・・・
しかし、シャローにいることはわかった。そのまま東の岸を北のエンドまで打っていくが、その後反応なく、北のエンドまで。
またまたホテイ島発見。それを1周ってみるも反応なく、西の岸沿いを流す。
杉本艇は西ブレイクの奥に、ゴムボはあちこちしてる。
ココからルアーをブリッツとバジンを併用し、北の谷を目指す。北の谷からはブリッツを巻いていくが反応なく、途中杉本艇とすれ違うために少し大回りすると、杉本さんにヒット。後ろから見ていると慎重にやりとりしている感満々、ややあってネットイン。近づき声を掛ける。割とイイサイズ。ダウンショットのよう。挨拶をして聞くと、1本目だそうで、巻きからワームに換えてやっと釣れたらしい。「その釣りは・・・やりきれないよなぁ・・・」と思いながら、またブレイクを打っていく。一応、杉本さんの釣りを参考に、杭にはスモラバを入れる。しかし西のブレイクでは何もなく、北のブレイクも何も無し。東の岸に来たところで
ホテイ島発見。その風裏側にバジンを投げるとヒット。厳しい中なので、慎重にやりとりし、ネットイン。サイズはイマイチながら嬉しい1匹。

170318_0657
170318_0657

そのまま東を流し、2周目。ブレイクをブリッツでやって行くも、反応なく北の谷へ。西のブレイクには杉本艇がまだステイしているので、ココでターンしてシャローに行くように目をやると、谷の奥になにやら2本突き出ている。近づいてみると、木の先のよう。やや遠目からバジンをキャストすると、イイ感じのところに着水。引き始めでヒット。沖の単独障害物、今日はこれかな?と思えるヒット。慎重にネットイン。これもサイズはイマイチながら嬉しい1本。そして1本で終わらず2本目ということで、何とか型になった感じ。

170318_0756
170318_0756

しかしその後はヒットパターンをやり、ブレイクをやり、ディープまで入ったモノの何もなく、もう手が出なくなり終了。

バジンで釣れたモノの、春はまだかい?!といいたくなる展開。
十市のシャローには基本何もない+鵜がいる+空にはミサゴで暗いウチしか魚が入れないのではないかな?速くウイードが育ってくれないかな?