月別アーカイブ: 2014年5月

珍客

しばらくアカメ狙いで出てましたが芳しくなく、ネタもあまりないので、チヌ狙いに変更。
で、ベビーポップXに来ました。
大きな音もなく吸い込まれた感じで掛かり、合わせると軽い引き。引くというより回転する感 じ。ときおり黄色いヒレが見える。キビレかな?でも、引きが違う。と思いながら、寄せてくると、 「グッグッ」と泣いてる。しかもフックをガジガジ噛む音もリアルに聞こえる。小さいルアーなので フックも小さく細め、ちょっと心配になるくらい。しかもこんな時に限ってボガが無い。仕方がな いので足元にズリ上げてみると、鮮やかな黄色のヒレと縞模様。でもフグ。こんなフグ初めて見 たかも。確実に初めて釣った。

140520_0724140520_0724

ネットで検索してみる。「フグ・画像」では多すぎて他のフグが出てきてしまう。
「フグ・縞・画像」で検索するとすぐに出た。“シマフグ”だそうです。ちなみに多少は市場にも流 通しているみたい。食べませんけどね、私は。説明を読むと毒もあるみたいだし。

ルアーはメガバスポップXの小さいの

[contact-form][contact-field label=’名前’ type=’name’ required=’1’/][contact-field label=’メールアドレス’ type=’email’ required=’1’/][contact-field label=’ウェブサイト’ type=’url’/][contact-field label=’メッセージ’ type=’textarea’/][/contact-form]

アカメ釣りは夜が似合う

これまで、昼間もアカメを釣ってきてますが、今朝、暗いうちからアカメ狙いで出かけ、結果は何もなし。明るくなってからも実績のある場所ではあったのですが、東の空が紺→紫→オレンジ→ピンク→白と変わってくるに従い、集中が切れていくのを感じ、完全に明けてからはもう惰性で投げているのを感じました。
暗いうちは可能性を信じられましたが、明るくなってからはもうだめかもという思いに支配されました。
心の弱さでもありますが、心のよりどころがなくなると、続けられませんね。
夜であれば浅場にも可能性があると思いますが、明るくなると、そうもいかないというのもあります。

結論!アカメ釣りは夜のほうが集中できる!

[contact-form][contact-field label=’名前’ type=’name’ required=’1’/][contact-field label=’メールアドレス’ type=’email’ required=’1’/][contact-field label=’ウェブサイト’ type=’url’/][contact-field label=’メッセージ’ type=’textarea’/][/contact-form]

今年初のアカメ釣り

ここのところ本気アカメ釣りスタートは6月末ごろからなのですが、今年は「もう釣ったよ」報告が複数件届き、しかも、東京から「GWにアカメ釣り案内してください」と高知に来る友達もいたことから、昨晩、初アカメ釣りに行ってきました。
19:00待ち合わせで、その前に下見ということで、有望釣り場を見て回りました。

第一釣り場。空いていた比較的川の上流部。ここは夏の釣り場の気がしてますが、ただ単に、今までこの時期にやってないだけ。入ってみると、ベイトっ気もあり、いい感じ。潮は上げ。2人で思い思いに投げていくが、いまいち水が良くない感じ。30分ほどで見切り移動。

一番入りたかったスポットを見に行くが、先行者があり、次に移動。この釣り場に入るなり、潮が足場を超え始め、ニーブーツに履き替える。しばらくこのスポットでディープクランクを投げ続ける。底にコツコツと当たりながら来てイイ感じ。足場を少し移動して、また投げ続ける。何十投目か、コツコツと底を小突いていたルアーが軽くフワッとなるような違和感。試しに合わせてみると、グッと来た。アタリの感じからアカメではないと思う。で、タックルにモノを言わせてゴリ巻きするとわりとすんなり寄ってくる。友達に「なんか来たけどたぶんアカメじゃない」と伝えた途端、いききなり強い引き。ドラグも少し出される。近くに寄ってきた友人に「もしかして…」と言うとジャンプ!!暗くて魚は確認できない。アカメだとやばいので、少し慎重にやり取りする。魚は何か確認できないが、針はテールフック1本飲みかかっているのが分かった。あまり遊ばせるとやばいので、強引に抜きにかかる。ちょうど足場は水面とタイタイ位。グッと引き上げてみると、シーバスさんでした。

140504_2201

ルアーはOSPのブリッツマックスDR。やや深い場所のアカメ釣りに絶対の信頼をおいてます。

その後、しばらくやってみると、1度だけコッというアカメっぽい当たりがあるも乗らず。しばらく粘って見たが、その後反応なく、寒くなって来たのでいったん休憩することに。

コンビニで体を暖め、再度入りたかったスポットに様子を見に行くと先ほどに増して大盛況。

ラストもう一箇所。入ってみるものの、イマイチフィーリングが合わず、本日は終了することに。

できれば東京の友人に釣ってもらいたかった。最低でもアカメを見せてあげたかった。そう思いながら頑張りましたが、残念!!でも、「これが第1章ですから」とのお言葉をいただき、ちょっと一安心。次また行きましょう!それまでに修行しておきます。

[contact-form][contact-field label=’名前’ type=’name’ required=’1’/][contact-field label=’メールアドレス’ type=’email’ required=’1’/][contact-field label=’ウェブサイト’ type=’url’/][contact-field label=’メッセージ’ type=’textarea’/][/contact-form]